第54回日本理学療法学会学術大会
  • HOME
  • 会長挨拶
  • プログラム
  • 事前参加登録
  • 演題募集
  • 参加者の皆様へ
  • 座長・演者の皆様へ
  • 会場案内
  • リンク
  • 託児室利用案内

第6回日本地域理学療法学会学術大会

会長挨拶

 このたび、「地域理学療法学の構築に向けて~地域理学療法学の科学と実践の融合~」というテーマで第6回日本地域理学療法学会学術大会を開催する運びとなりました。
 今回の学会テーマは日本地域理学療法学会のメインコンセプト「地域理学療法学の構築に向けて」はそのままとして、副題として「地域理学療法学の科学と実践の融合」を掲げています。地域包括ケアシステムの構築が急務とされている我が国において、理学療法士に期待される役割を担うためには、「地域理学療法学の科学と実践の融合」が重要な課題であると考えます。
 本学術大会においては、学術を探究することを目的として、特別講演・教育講演のほか、「地域理学療法学のエビデンス」をテーマとしたシンポジウムを企画しています。このシンポジウムは、2020年度発行を目指している地域理学療法ガイドライン第2版の内容を軸として、地域理学療法学のクリニカルクエスチョンに対してこれまで何が明らかにされているのか、今後の科学的な地域理学療法学の課題は何かということについて議論することを意図して企画いたしました。一方、2017年度まで開催されていた日本地域理学療法学会フォーラムにおいて取り組んできた症例・事例に関する口述発表セッションや地域包括ケア推進リーダー・介護予防推進リーダーの実践活動に関する口述発表セッションも、地域理学療法学の実践企画として継続しています。
 地域理学療法の普及および地域理学療法学の発展に寄与することを目的に設立された日本地域理学療法学会は、介護予防や転倒予防といった老年学を基盤とする領域、健康増進や生活習慣病予防といった保健活動を基盤とする領域、通所・訪問リハや就労・就学・社会参加、生活環境整備といった在宅支援領域等、多彩な領域を包含しています。本学術大会において、さまざまな領域に関わる方々にお集まりいただき、それぞれの立場から「地域理学療法学の実践」や「科学的な学問分野としての地域理学療法学」について議論していただく場となることを期待しています。こうした地域理学療法学の科学と実践の融合の試みが、地域理学療法学の構築に少しでも寄与できれば幸いです。皆様の多くの参加を準備委員および運営幹事一同、心よりお待ちしております。

第6回日本地域理学療法学会学術大会
学術大会長 池添冬芽(京都大学大学院医学研究科)