第54回日本理学療法学会学術大会
  • HOME
  • 会長挨拶
  • プログラム
  • 事前参加登録
  • 演題募集
  • 参加者の皆様へ
  • 座長・演者へのご案内
  • 会場案内
  • リンク
  • 託児室利用案内

第6回日本地域理学療法学会学術大会

演題募集

  1. TOP
  2. STEP1
  3. STEP2
  4. STEP3
  5. STEP4

演題募集要項

応募方法はインターネットを利用したオンライン登録のみです。

本稿に記載された演題募集要項や大会ホームページで随時案内される内容を熟読した上で登録に臨んでください。注意事項を読まなかったことによるトラブルについては一切責任を負いませんのでご了承いただきますようお願いいたします。
演題登録では登録すべき内容を事前に決定・準備してから登録作業を開始してください。

第6回日本地域理学療法学会学術大会では、「日本語」演題および「英語」演題の募集を行います。

採択演題数は、地域理学療法に関する研究、症例・事例の報告、事業や実践活動の報告を200演題程度予定しています(英語演題含む)。口述発表70演題程度、ポスター発表130演題程度の予定。なお、一般演題応募の中で、指定テーマ(①地域包括ケア推進リーダー実践活動・介護予防推進リーダー実践活動 ②訪問・通所リハにおける効果的な介入)に該当する演題を4~5演題ずつ選出し、パネルディスカッションなどでの発表を依頼します。

英語演題は口述発表のみです。英語演題の応募は別途フォーマットで行います。Step 4の「Ⅱ 英語演題登録」をご確認ください。

Ⅰ.応募資格

  1. 理学療法に寄与する内容であれば、どなたでも演題を応募できます。
  2. 演題登録は原則無料ですが、理学療法士の免許を有する非会員の方は、筆頭・共同にかかわらず演題登録料10,000円(税別)/1人1演題が必要です(理学療法士の免許を有しない方は無料です)。休会中・会費未納の方も演題登録料支払いの対象です。演題登録料は、演題採否にかかわらず返金いたしません。

Ⅱ.筆頭演者に関する応募上の制限

  1. 筆頭演者として登録できる演題は1人につき1演題までです。

Ⅲ.応募上の注意

  1. 応募された抄録内容と学術大会当日の発表内容が大幅に異なることのないようにしてください。
  2. 他学会に応募中あるいは発表済みの演題は応募しないでください。演題採択後にそれらの事が発覚した場合は、すべての演題が取り消しになる場合があります。
  3. 対象者にとって不利益となるような属性(人名、施設名等)を記載しない等、プライバシーポリシーに十分配慮してください。本学術大会では【倫理的配慮、説明と同意】の項目を独立した抄録入力枠として配置しますので、この項目にのみ必要最小限の施設名を入力しても結構です(例:理学療法士大学倫理委員会の承認を得た(承認番号:○○○○番)、など)。
  4. 上記1~3の点については、すべて登録者の自己責任であることをご承知ください。
  5. 抄録に関する著作権は協会に帰属し、抄録はオンライン公開されます。
  6. 原則として、演題応募期間終了後の演題の取り消しや登録内容の変更はできません。
  7. 筆頭演者が発表できない場合は必ず共同演者が発表を行ってください。
  8. 発表者の変更については共同演者による代理発表と認識します。発表のポイントとして登録できるのは、筆頭演者のみです(二重発行、両者での分割はできません)。
  9. 当日の発表ができない場合は、共同演者も含めて次年度学術大会での演者登録が許可されないことがありますのでご注意ください。
  10. 演題申し込みにあたっては、共同演者の了解を得た上で応募してください。なお、共同演者も筆頭演者と同等の責任を負うことをご承知ください。
  11. 演題登録の実績は、登録アカウント毎に履歴として管理されますので、必ず自身のアカウントでログインして演題を登録してください。
  12. 演題登録に伴う各種電子メールでの連絡は、アカウント登録の際に確認がとれた電子メール宛に送信されます。
    重要なお知らせを行う場合がありますので、定期的なメールチェックをお願いいたします。よって、本学術大会終了までアカウント登録時のメールアドレスを変更しないでください。

Ⅳ.応募方法

  1. アカウント登録ならびに電子メールに関する注意とお願い
    演題登録を行うには事前にアカウント登録が必要です。アカウントを登録するには、入力した電子メールアドレス宛にアカウント有効化手順が書かれた確認メールが送信されますので、その指示に従ってください。電子メールについては次の注意事項に従ってください。
    1. (1)電子メールは必ず登録者固有の電子メールをご用意ください。同じメールアドレスで複数のアカウント登録は出来ません。
    2. (2)携帯メールは使用しないでください。フリーメールの場合に、演題システムから送信されるメールが迷惑メールと判断される場合がありますので注意してください(Gmail、Yahoo mailは使用可能であることを確認しています。ただし絶対ではありませんのでご承知ください)。予め、迷惑メールと判断されないため、ドメインが『@ocs-j.jp』のメール受信を許可してください。
    3. (3)アカウント登録後に1時間程度経過してもメールが届かない場合は、本稿(Ⅺ.問い合わせ方法)に掲載の「演題登録システム担当」まで、必ず電子メールにてご連絡ください。
    4. (4)登録した電子メールアドレスとパスワードは各自で厳重に管理してください。なお、有効化が完了したアカウント登録は継続して利用可能となり、大会開催ごとに再登録の必要がなくなります。
  2. 会員番号について
    会員が筆頭となっている採択演題は、会員番号で実績履歴としてマイページに収容されます。そのため、会員がアカウント登録する場合は、必ず正しい会員番号(1から始まる8桁数字)を所定の欄に半角で入力してください。誤った番号が入力されると、その確認作業のため演題採否の通知が大幅に遅れる可能性があります。協会員以外の場合は、画面に表示してある番号を入力してください。
    共同演者の会員番号をあらかじめお控えの上、ご登録ください。

Ⅴ.演題応募期間(期間厳守)

2019年5月7日(火)0時~6月18日(火)14時 6月28日(金)14時とします。
締め切りの間際はアクセス集中によりサーバー処理能力が極端に低下する可能性があります。そのため、登録に時間を要する、あるいは登録が完了できないといった事態が生じる可能性がありますが、これらによる締め切り時間の延長はいたしませんのでご注意ください。また、入力後に登録者自身が十分な確認を行わなかったことに起因するトラブルも多く発生しています。余裕をもってご登録を完了するとともに、登録情報の十分な確認をお願いいたします。
アクセス集中を防ぐため、演題登録締め切り前の1日間は各種問い合わせをお控え願います。

なお、予定演題数(200題)に達しない場合、演題応募期間を延長することがありますが、6月18日14時以降に登録された演題については、日本地域理学療法学会学術大会による各種賞の表彰対象とはなりませんのでご注意ください。

Ⅵ.応募演題に関する倫理上の注意

一般発表演題はヘルシンキ宣言に沿った研究であることを確認ください。特に、プライバシーの侵害や人体に影響を与える研究に関しては、対象者に説明と同意を得たことを【倫理的配慮,説明と同意】項目に明記してください。また、演者の所属する機関の倫理委員会等で承認された研究である場合には、その旨同項目に記載してください。それらの記載が無い場合は、演題が採択されないことがあります。
ヘルシンキ宣言の詳細http://www.med.or.jp/wma/helsinki.html

Ⅶ.登録方法ならびに登録確認・訂正

学術大会のホームページにアクセスし、案内に従って登録を進めてください。アカウント登録完了後、演題登録が可となります。その際、事前にワープロソフト等で文章を作成して登録に臨んでください。項目入力欄にコピー・アンド・ペーストすると、すみやかに登録を進めることができます。演題登録が完了すると、登録完了通知がメールで自動送信されます。電子メールアドレスを誤って入力すると、登録者へメッセージが送信されませんのでご注意ください。

Ⅷ.査読ポリシーについて

「第6回日本地域理学療法学会学術大会」に応募された演題は以下の査読ポリシーのもとに査読されます。

  1. 査読者の選定と登録
    1. (1)査読者候補は過去の査読実績と日本地域理学療法学会が認定した専門理学療法士および認定理学療法士を中心として、日本地域理学療法学会が選定する。
    2. (2)査読者としての登録を受諾する者は、受諾手続きの過程で査読可能な細分類を選択する。
  2. 応募演題への査読者割り当て
    1. (1)応募演題1題につき3名の査読者が査読する。
    2. (2)査読者が演者(筆頭、共同含む)になっている演題と査読者の所属施設から応募された演題は、当該査読者に割り当てない。
  3. 査読内容
    1. (1)採点:査読者は別に定める基準に従って以下の5項目につき5段階順序尺度で採点する。
      1. ①「はじめに・目的」:研究調査や報告の必要性や意義が十分説明されているか。
      2. ②「方法」:研究及び報告の目的を達成するために妥当な対象・方法・内容か。
      3. ③「結果」:客観的なデータが正確に提示されているか。又は臨床的に重要な知見が示されているか。
      4. ④「結論」:わかりやすくまとめられているか。論理や解釈の飛躍等はないか。
      5. ⑤「全体」:新規性や将来性を感じるか。
    2. (2)その他:研究手法その他において倫理的に重大な問題があると判断された場合には査読対象外とする。
    3. (3)演題分類の適切性:応募された分科学会とその細分類が適切か否かを判断する。
    4. (4)コメント:全体の印象やアドバイスなどを自由記載方式で入力することもできる。
  4. 採否の決定
    演題の採否は、最終的に学術大会長が決定する。

本査読ポリシーにご同意いただかないと、演題登録ができませんので注意してください。

Ⅸ.演題審査

  1. 演題の採択は、学術大会長が決定します。
  2. 演題審査結果は登録された電子メールアドレス宛にメールにて通知いたします。
  3. 演題審査結果の通知は、2019年9月初旬までに行う予定です。
  4. 採択された演題の取り消しはできません。また登録期間を過ぎての演題内容の変更は、いかなる理由であっても原則認められません。

Ⅹ.各種賞の授与について

日本地域理学療法学会学術大会による表彰
表彰規定に基づき、学術大会発表演題の中から、優秀な演題に対し表彰いたします。

Ⅺ.問い合わせ方法

内容によって問い合わせ先が異なりますので注意してください。なお、いずれの場合でも問い合わせ方法はメールのみです。ただし、携帯電話やPHSからのメールはご遠慮ください。

<学術大会の内容に関する問い合わせ>
第6回日本地域理学療法学会学術大会 学術大会 事務局 JSPTchiiki2019@gmail.com
件名に必ず「第6回日本地域理学療法学会学術大会に関する問い合わせ」と書き、発信者名、連絡先を添えて送信ください。

<オンライン演題登録に関する問い合わせ>
日本理学療法士協会 事務局 academics@japanpt.or.jp
お問い合わせ内容に必ず「第6回日本地域理学療法学会学術大会演題登録に関する問い合わせ」を含めてお書きください。

<学術大会ホームページ>
本大会の最新情報や、詳しいご案内は、下記ホームページに随時掲載します。ご利用ください。
http://jsptchiiki2019.com/